ビジコンラッシュを終えて

 

*もくじ**

******

 

はじめに

2/17にアメリカに飛び、3日間だけ帰沖、8日間の東京滞在を終えての帰りの飛行機の中、 身体はヘトヘトだけど、この3週間を思い返すとニヤける。楽しすぎました。 心躍るような刺激でいっぱいでした。ワクワクどきどきゾクゾクでした。

(2018/3/8 沖縄行機内にて)

 

 

こんなことしてました

具体的に何をしていたかというと、

12/17 うちな~ICTビジネスプラン発表会にて、

ルイと私のチームU150がつみきっずでのビジネスプランを発表した結果、

NICT賞とテレコム賞を頂いて、以下の研修と大会に参加していました。

 

2/18

   |     「シリコンバレー起業家育成プログラム」(起業家甲子園にかかる)

2/24

3/2 「ビジネスモデル発見&発表会」

3/7 「起業家甲子園」

 

シリコンバレーブートキャンプ!

シリコンバレー心の底から行けて良かったです。感謝してます。

毎日濃くて、毎日成長した1週間でした。

(今、Gwave cafeでこれ書いてると後ろの席の兄ちゃんたちがシリコンバレーでスタートアップの話しだすから思わず振り返ってしまった。にしてもここはいつも店員さんの雰囲気が良くて好きです。)

 

シリコンバレーについては記事を分けて詳しく書こうと思います。

 

 

東京7連泊まとめ

3/1~3/8 長めの東京滞在でした。時系列でまとめていきます。

 

3/1(木)

飛行機ちょっと遅れるものの無事東京到着。

寿司ざんまい満喫。肉のヒマラヤも登頂。なにしに来たんだ。

 

ちゃんと貸しオフィスでプレゼンの練習もしました。しかし、測ってみると30秒もオーバー。

教授の助けを借りて時間内に収まったものの、変更したところがまだ不安定でした。

それに比べ、まかびのプレゼンはいつも通り安定。さすがです。

やっぱり練習量と暗記回路が違います。

 

3/2(金) 「ビジネスモデル発見&発表会」

いよいよ本番!この大会ではルイと私、まかびの3人でした。

ホテルの朝食で他の発表者らしき人達をみるたびにちょこっとずつ緊張してました。(ほんとに)

 会場に着いてyz先輩のお兄様にご挨拶した後は、

いつも通り他の人の目も気にせず、直前まで練習に励みました。

 

そして迎えた発表本番、まさかのパワポが2回も落ち、

かと思いきやスライドが一気に進み、チンベルも鳴りだし、完全にペースを崩してしまいましたがなんとか最後の台詞まで言い切りました。

 

発表後、あちゃ~と思いつつも、来週はやってやろう!と、

次の起業家甲子園があったことで気持ちは救われていました。

 

結果としては、沖縄勢もシリコンバレー勢も全チーム受賞できてかなり嬉しかったです。

 

今回、自分達の受賞と、他の受賞者を見ても思ったことは、

一番大事なのはプレゼンよりも内容だということです。

言うと当たり前に聞こえるけど、ボロボロのプレゼンでも2つも受賞できたとき、やっぱり発表してる自分じゃなく「つみきっず」がすごいんだよなって改めて感じました。

 

この日は、気づいたらベットに倒れこむように寝てました。

 

3/3(土)

昼間から別行動でシリコンバレー事後レポートを書くものの、終わらない…。

文章力をつけようと誓った夜でした。

 

3/4(日)

姉家族と久々の家族の時間。といっても来週すぐまた会いに行きます。

 

3/5(月)

渋谷の絶対誰か住んでそうな怪しい貸しオフィスでプレゼン練習。

ぴんくい大会でのプレゼンから起業家甲子園用バーションに変えるために、ここからギリギリまで細かい調整をしていきました。

この日、るいこがスーパーハイライトを作ったことはきっと本人のブログで綴られるのではないでしょうか。

 

3/6(火)

ヤフーできっき先輩と社食~!

NEOJAPANで公開練習!いつもありがとうございます!

 

夕方はシリコンバレーでお世話になった方のエネルギッシュな講演を聞きに行って、まだまだ自分はネガティブな日本人的部分が抜けてないなと実感しつつ、また刺激を受けました。

 

3/7(水) 「起業家甲子園」

 ここでは、ルイ、きしもん、私の3人。

私は、2週間ぶりくらいに顔を合わせるシリコンバレーメンバーとその仲間たちを前にして、自分でもらしくないと思いつつかなり緊張していました。

 

ナーバスなまま、お昼に美味しいダシ茶漬けを食べ、

ナーバスなまま、他の人の発表が始まりました。

 

そこでルイが練習してくるといって先に席を立ったので、

私も座ってられなくなり、他に誰もいない控室へ。 

結果的にそこで人目を気にせずに本番同様の声量で練習できたのがかなり良かったです。

 

緊張も吹き飛び、いよいよ東京で2回目の舞台。

プレゼン冒頭のルイの訴えかけからウケて更に気持ちがノってきました。

最前列の審査員の人たちが身を乗り出してプレゼンを聞きながら、笑ったり、偉い!って声を上げてくれたりして、起業家甲子園は愛のある大会っていうことか!ってわかりました。発表者を応援してくれてるような会場の雰囲気、素敵です。

 

このプレゼンは大成功!といって良いんじゃないでしょうか。

自分たちらしく、全て出し切れました。

 

自分たちの納得いくプレゼンができたことに大満足でしたが、

他の参加者の凄さに圧倒されていたのは変わりなく、正直結果は期待していませんでした。

しかし、蓋を開けてみればスポンサー賞5つ、そしてまさかの審査員特別賞!

もう感謝しかありません。あぁ~、書いてても嬉しい。

 

そして起業家甲子園は、スポンサー賞がとれなかったチームにも、交流会で特別賞をあげるなど、とにかく愛がある。笑

 

その日は、ぐっすり眠れました。

 

3/8(木)

やっと沖縄に帰れるよ~。

 

私、ルイ、きしもんは来年のプロコンメンバーでもあるので、

午前中はスタバで記念すべき初回アイディア出し。

頻繁には行けないけど、たまにスタバとかカフェに行くと気分と集中力が上がって作業が捗るし、ゆっくり考え巡らせられるから好きです。

最近はチャイにハマって色んなとこでチャイを飲みました。Apple visitor centerのチャイが一番美味しかった。 今のスタバでやってるアールグレイフラペチーノは茶葉2倍でシロップ半分にすると最高に美味しかったからぜひ。こんなことしてるから太るのか~。

はやくメンバーである、みとお墨付きのウズラくんと新一年生にも会いたいです。

 

謝辞

今回、こんなに賞を頂けたのは、まぎれもなく「つみきっず」というアイディアとプロダクトが良かったからです。それを作って、プロコンが終わった後も開発を続けてくれた回らない寿司屋のメンバーのおかげです。上にも書きましたが、ぴんくい大会でプレゼンで失敗しても評価してもらえたとき本当にそのことを実感しました。

そして、今世紀一のコーチであるM教授には感謝しかありません。プロコン、PCKからオフなしで、卒研もあって忙しいなか、ビジコンの指導をしてくれて、東京でいっぱい美味しいとこにも連れてってくれて、こんなに学生に尽くしてくれる教員のもとにいる私たちは幸せ者だなぁとしんみり。

本当に関わってくれた皆さんありがとうございました。

 

今後の目標

今年はプロコンに出ます。本気でいきます。

 

脱・プログラミングできないメディア生!

来年の今頃には最低限の開発はできるようになります。

 

具体的にはまず春休み中にCで迷路つくろうと思ってます。

 

 ブログもHTMLとCSSも使って綺麗に書けるようになりたいし、

それよりもまず文章力つけないといけないし、読みたい本も山積みだし、

プレコンも出たいし、インターンシップ行きたいとこ多すぎだし、

羽田空港の窓拭きたいし、日本語教師の資格とりたいし、バイトも始めるし、

相変わらずやりたいこといっぱいあるけど、今を生きる!

 

皆さん、今後ともよろしくお願いします。